ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年07月19日

デュッセルドルフ、レックス・タイガー・ロビンガーとプロ契約

Fortuna Düsseldorf
フォルトゥナ・デュッセドルフ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ブンデス2部フォルトゥナ・デュッセルドルフは、レックス・タイガー・ロビンガーとプロ契約を締結したことを、月曜午後に発表した。これまではデュッセルドルフのセカンドチームを主戦場としてきた22歳のFWは、昨季のブンデス第32節アイントラハト・ブラウンシュヴァイク戦にてプロデビュー。

 これまではブンデス4部相当にてリーグ戦74試合に出場して14得点をマークしており、今回は2023年6月末日までの契約を締結した。クライン競技部門取締役は「うちのユースから新たに別の選手が、プロへの壁と突破してくれ、より高いレベルへとアピールできたことを非常に嬉しく思う。今後どのような成長をみせてくれるか楽しみだよ」と喜びを述べた。

ヴィースナーは3部オスナブリュックへ

 その一方でフォルトゥナ・デュッセルドルフIIからは、ティム・ヴィースナーがブンデス3部VfLオスナブリュックへと移籍することが明らかとなった。24歳のGKは先週、すでにテスト生として同クラブに参加。フローニンゲンとのテストマッチにも出場しており、これからはキューン、ベッケマイヤーらと共にGK陣を形成していくことになる。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報