ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2022年04月13日

筋力アップはかる、アペルカンプ真大「ゴレツカになりたいわけじゃないけど」

Fortuna Düsseldorf
フォルトゥナ・デュッセドルフ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 前節のハンザ・ロストック戦にて、今季2得点目を決めたアペルカンプ真大。ただ負傷などに見舞われた自身と同様に、降格圏内までわずか勝ち点1差という苦しい状況に、「もっと勝ち点を積み重ねていかないと。これは期待していたものではない。もっと勝利を重ねていきたい」と、ドイツの大衆紙ビルトへ意気込みをみせた。

 昨シーズンでははじめてトップチームに定着しただけでなく、21試合に出場して6得点を記録。その後のU21欧州選手権ではドイツ代表の一員として優勝をはたすなど、今シーズンは更なる飛躍が期待されていたところだった。だがドイツ人と日本人の母をもつ21歳のMFは「今季のパフォーマンスについては、なんと言えばいいか難しいところですね」とコメント。

 「もちろんスタッツに目を向ける人たちはたくさんいると思います」と、昨季の6得点と比較してまだ2得点にとどまっている点などを挙げつつも、実は「今季の出場は昨季よりも上回っているんです」と強調。「今は弱点克服に向けて取り組んでいるところです。もっとやれるはずです」と意気込みをみせた。

 その取り組みの1つが、体を一回り大きくさせる試みであり、同じポジションにおけるドイツの代表的選手といえばレオン・ゴレツカが挙げられるが、「レオン・ゴレツカほどまでになりたいとは思わないんですけど」とアペルカンプ。「自分らしくはあり続けたいと思いますが、ただもうちょっとつけられるという点については確かでしょうが」と言葉を続けている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報