ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2022年04月15日

デュッセルドルフ、田中碧の買取りオプションを行使か

Fortuna Düsseldorf
フォルトゥナ・デュッセドルフ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 前節に行われたブンデス2部ハンザ・ロストック戦では、昨夏より移籍後リーグ戦24試合目にして、遂にリーグ戦初得点をマークした田中碧。この節のブンデス2部ベスト11、さらにはこの試合のマン・オブ・ザ・マッチにも選出されるなど、まさに移籍後ベストパフォーマンスを披露したところだが、ドイツの大衆紙ビルトによればフォルトゥナ・デュッセルドルフは、すでに契約に含まれている100万ユーロでの買い取りオプションを行使したという。

 昨夏では初の海外挑戦にもJリーグからの直接加入や、母国開催のワールドカップ出場などの影響により準備期間に参加できず、また休養もとれない状況下で渡っており、さらに年明け初戦のブレーメン戦で精彩を欠いて以降は6試合中5試合で後半途中からの出場。しかしながら2月から就任したティウネ監督の下で、まもなくして先発機会も増加。先発出場した最近4試合でのkicker採点平均は3と上々だ。またデュッセルドルフも監督交代以降は無敗を継続。2部残留は目前のところにまで迫っている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報