ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年06月19日

昇格組ウニオン、トニ・クロースの弟フェリックスと延長

1. FCウニオン・ベルリン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 来シーズンよりブンデスリーガでの戦いが控えるウニオン・ベルリンは、契約を今季まで残していたフェリックス・クロースとの契約を、さらに来シーズンいっぱいまで延長することで合意に達したことを発表した。

 ドイツ代表トニ・クロースの弟でもあるグライフスヴァルト出身の28才は、まずはレンタルにてヴェルダー・ブレーメンからウニオン・ベルリンへと加入。その後に完全移籍しており、これまでウニオンではブンデス2部100試合に出場。

 「フェリックスはその気迫溢れるパフォーマンスで、特に後半戦ではその力を存分に示してくれていた。それに彼にはブンデスリーガでプレーした経験もあるし、ウニオンでブンデスという舞台で活躍を見せるチャンスはあるよ」と、マネージャーを務めるルーネルト氏はコメント。

 一方のクロースは「ウニオンのブンデス昇格に伴い、僕の1つの夢が実現した。それを目標にしてここに加入していたし、とても嬉しく思うよ。クラブでもこの街でも居心地よく過ごしているし、ぜひパフォーマンスで良いシーズンを過ごせるよう貢献していきたい」と意気込みを見せている。なお契約には延長オプションも付随されており、それは2部でも有効となっている模様。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報