ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年08月30日

ウニオン、ドルトムント戦でプレーメル欠場。ゲントナーは復帰へ

fc-union-berlin
1. FCウニオン・ベルリン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 昇格組ウニオン・ベルリンは、ボルシア・ドルトムントとのホーム戦に向けて、グリシャ・プレーメルを欠いて臨むことを余儀なくされることとなった。中盤を主戦場とする同選手は、これまで幾度となく膝に痛みを抱え練習中断を余儀なくされており、その詳細については特に明かそうとはしていなかったが、今回もあくまで「足に負傷を抱えた」ことだけが、指揮官の口から明かされている。

 なおウニオンの中盤ではアンドリッヒが定位置を確保しており、そのパートナー候補となるのはマヌエル・シュミーデバッハ、フェリックス・クロース、そしてクリスチャン・ゲントナーもそれに加わることになるだろう。ベテランMFはアウグスブルクとのアウェイ戦を、背中の問題により欠場していたものの、木曜日には「フルメニューで参加した」ことをフィッシャー監督は明かした。「今後の成り行きを見てみる。ただ週末にいける可能性は高いとはみている」

 またドルトムント戦にむけては、「これまでのミスから学び、成長をみせていきたい。特にライプツィヒ戦でみせたようなミスを繰り返してはいけないよ」と強調、「前線ではもっと正確にプレーしなくては。特にドルトムントはそのスピードを活かし、とにかく守るのが難しいチームだからね。重要なのはアウグスブルク戦でみせたものを繋げていくことだ。それならばたとえ相手がドルトムントであってもチャンスはある」との考えを示した。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報