ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年10月10日

ウニオンの若手マロニーが、ザンクト・ペルテンにテスト参加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 2012年より1.FCウニオン・ベルリンに在籍し、そしてこの夏には2021年までの契約延長を結んだレナード・マロニー。しかしながら首脳陣は若手DFの出場機会の確保が困難であることを見越して、その夏のうちにレンタル移籍先を模索していたものの不成立。最終的にはそのままチームにとどまることとなった。

 だがそのアメリカ・ユース代表の姿は水曜日にはウニオンの練習場にはなく、オーストリア1部のザンクト・ペルテンにテスト生として参加。マネージャーを務めるオリヴァー・ルーネルト氏は「知るためだよ」と説明。果たして移籍市場が再び開く今冬にも、改めてレンタル移籍することになるかについては、「今の所はまだ未定だ」と述べるにとどまった。

 またこの日はマロニーと共に、アンソニー・ウジャーも練習場に姿をみせておらず、同選手は病気を抱えているとのこと。また負傷を抱えるロベルト・アンドリヒと共に、膝に負傷を抱えるグリシャ・プレーメルも、別メニューにて調整。さらに代表参加のセバスチャン・アンデション(スウェーデン)、クリストファー・トリメル(オーストリア)も不在となっている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報