ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年10月25日

昇格組ウニオン「バイエルンから、勝ち点1でも取れれば・・・」

fc-union-berlin
1. FCウニオン・ベルリン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 日曜午後には王者バイエルン・ミュンヘンとリーグ戦が、そして火曜夜にはドイツ杯SCフライブルクとのアウェイ2連戦が控えている、1.FCウニオン・ベルリン。そのため「金曜夜から出発」し、火曜夜にチャーター機にて戻ってくるまでは「ちょっとしたミニキャンプ気分だね。25人と多くの選手たちが帯同するし、多くの荷物を運ぶことになるよ」と語った。

 なおこの試合では、十字靭帯断裂のアカキ・ゴギアと、足に負傷を抱えるスレイマン・アブドゥラヒ、そして膝を負傷しているボランチのグリシャ・プレーメル以外の、全ての選手に対して遠征メンバーに入る可能性があり、確かにフライブルク戦で勝利を収めたことから入れ替えの必要性はないが、レヴァンドフスキを同僚としても相手選手としても知るネヴェン・スボティッチや、シェラルド・ベッカーにも出場のチャンスはあることだろう。

 ウアス・フィッシャー監督は、今季絶好調のポーランド代表主将について「彼はまさにトップFW」と評価し、止めるためには「チームパフォーマンスが求められる」と強調。そして最終的には「もしもミュンヘンの地で勝ち点1でも取れれば、我々は本当に素晴らしい試合ができたということになるがね」と言葉を続けた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報