ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年11月29日

昇格組ウニオン、クラブ史上最高の財務状況を発表

fc-union-berlin
1. FCウニオン・ベルリン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 昇格組1.FCウニオン・ベルリンが年次総会を行い、昨季のブンデス2部時代の決算について報告。売り上げは5468万7000ユーロで、出費は5443万9000ユーロ。そのため利益は24万8000ユーロとなり、そこでクラブ史上最高の財務状況であることを発表した。

 さらにブンデス1部での戦いとなる今シーズンでは、売り上げとしては7400万ユーロ以上を見込んでいるところであり、更なる利益向上も確実視されているところ。また財務状況だけでなくチーム状況でもウニオンは、ヘルタとの歴史的ダービーを制するなど、ここまで11位につける奮闘をみせている。
 

 その一方で木曜日にドイツサッカー連盟は、ウニオンにたいして1万ユーロの罰金を請求した。これは今季ブンデス1部初昇格したウニオンが、ドルトムントを相手にホーム初勝利をおさめた試合で、ベンガル式の発炎筒が少なくとも8基は使用されたとのこと。それにより後半の開始に遅延も生まれた。すでにクラブ側は受け入れていることから、処分は確定している。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報