ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年12月01日

ウニオン、ケヴェン・シュロッターベックが膝を負傷。

fc-union-berlin
1. FCウニオン・ベルリン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 金曜日に行われたブンデスリーガ第13節FCシャルケ04戦にて、1.FCウニオン・ベルリンは1−2で敗戦を喫しただけでなく、DFケヴェン・シュロッターベックも膝に負傷を抱える事態へと陥ってしまった。

 同選手は前半21分にダニエル・カリジュリにファウルをした際に自ら負傷を抱えており、間も無くして交代を余儀なくされている。そして翌日にくらぶがわは、右膝の靭帯に損傷がみられることを発表。手術は回避して、保存療法による回復をはかっていくとのことで、今のところはまだ離脱期間については明かされていない。
 
 今夏にSCフライブルクからレンタルで加入中の22才は、即座にチームの主力の座を確保すると、今季はここまでブンデスリーガ8試合に出場。kicker採点平均3.25をマークしているところだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報