ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年05月12日

ウニオン、「頼れる」バックアップGKブスクと延長

fc-union-berlin
1. FCウニオン・ベルリン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 守護神ラファル・ギキーヴィツが、今季限りでチームを後にすることが明らかとなっている1.FCウニオン・ベルリンだが、その一方で火曜日には、バックアップGKヤコブ・ブスクとの契約延長が発表された。ここ二年間でギキーヴィツの後塵を拝していた同選手だが、「ここにきてもう直ぐ4年半になる。いまはウニオンをホームのように感じているし、首脳陣との話し合いを重ねていく中で、首脳陣からの高い評価を感じたし、コーチ陣からは信頼を得られていると思う」と説明している。

 2016年1月にFCコペンハーゲンからドイツの首都ベルリンへと渡った26才は、クラブ史上初のブンデス昇格を果たした昨シーズン、そして昇格年度となった今シーズンはともにバックアップGKとしてプレー。これまでウニオンではブンデス2部通算56試合に出場しており、さらなる出場機会の増加を願っているところだ。「プロとして当然のことだよ。できるだけ多くプレーしたい。来季もアピールしていって、出来る限りチームの支えになっていきたい」

 その一方でマネージャーを務めるオリヴァー・ルーネルト氏は、「ヤコブは素晴らしい性格の持ち主であり、常にチームのために取り組んでくれる。クラブの誰もが彼のもつクオリティを理解しているし、残留を決断してくれたことは嬉しいよ」と、「忠義」と「精力性」をもった同選手との延長に喜びをみせた。なおkickerが得た情報によれば、単年での延長となった模様。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報