ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年05月14日

ウニオン、フィッシャー監督が合宿地を後に。マリはチーム練習復帰

fc-union-berlin
1. FCウニオン・ベルリン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ブンデスリーガ再開初戦となる、王者バイエルン・ミュンヘンとの一戦に向けて、準備を進めている1.FCウニオン・ベルリン。しかしながらそんな中、ウアス・フィッシャー監督が合宿地を後にしていたことが明らかとなった。クラブ側の発表によれば、特に新型コロナウィルスに関連したものではなく、あくまで「プライベート」によるものだという。そのため「しばらくの間」は不在が続くとのことで、日曜日の試合でベンチに座ることになるかはわからない。

 その一方でウニオンの選手やスタッフたちは、通算4度目となるコロナ検査を実施。全員が陰性であることが無事に確認されており、その中には一度隔離生活に入り陽性が確認されていた、ユヌス・マリも。マネージャーを務めるオルヴァー・ルーネルト氏は、すでに複数回マリが陰性であることを強調しており、「すでにチーム練習参加も果たしている。これは朗報だよ」と、喜びをみせている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報