ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年06月01日

ウニオン、マリウス・ビュルターの買取りオプションを行使

fc-union-berlin
1. FCウニオン・ベルリン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 1.FCウニオン・ベルリンは月曜朝、1.FCマグデブルクからレンタルにて加入していた、マリウス・ビュルターの買取オプションを行使したことを発表した。スピードに長けた27才のウィンガーは、これまでリーグ戦29試合中28試合に出場。7得点、kicker採点平均3.78をマークするなど、その期待を決して裏切ることはなく、今回のオプション行使へと至った。

 「昨夏のウニオンへの移籍は、本当に正しいステップだったと思うよ」と、クラブ公式でのインタビューにてビュトラーはコメント。「とても温かくチームから迎えてもらったし、この特別なクラブですぐに居心地の良さを感じることができた。僕個人にとって数多くの新しい経験を蓄積することができているし、ここまではチームに貢献できるシーズンを過ごせている」と胸を張り、これからのラストスパートで全力を尽くし、「来シーズンもここブンデスリーガで戦えるようにしたい」と、意気込みをみせている。

 一方でマネージャーを務めるルーネルト氏は、「マリウスは今季納得のパフォーマンスを見せており、獲得したときの我々の期待にしっかりと応えてくれている。フィジカルに長けた選手であり、チームを優先的に考え、ただ個人の能力というところでもいいところをみせている選手だ。これからもチームにとって重要な役割を担ってくれるものと思うし、彼とこれからも取り組んでいけることを嬉しく思うよ」と、喜びを語った。なお契約はブンデス1部・2部共に有効とのこと。
 
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報