ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年07月24日

ウニオン・ベルリンが、遠藤渓太に関心

fc-union-berlin
1. FCウニオン・ベルリン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 1.FCウニオン・ベルリンが、日本でシーズの最中にある横浜Fマリノスの、遠藤渓太に関心を抱いている。

 ちなみにこれまですでにウニオン・ベルリンでは、二人の日本人選手が在籍してきた。

 ブンデス5部相当オーバーリーガ時代の奥山譲(2005/06シーズン、7試合出場)、そしてブンデス2部時代の内田篤人(2017/18シーズ、2試合出場)である。

 そして2020/21シーズンからは、再び日本人選手が在籍する可能性がでてきた。

 日本のメディアによって伝えられた、遠藤渓太に対するウニオン・ベルリンからの関心を、kickerの方でも確認。

 身長175cm、体重66kg、22才の遠藤は両ウィングでプレー可能ではあるが、ただ左サイドでの出場機会が多い。

 遠藤は今シーズン横浜にて、Jリーグ6試合のうち5試合で出場しており、その中ですでに2得点をマーク。また日本代表の一員として、2試合で出場した経験も持っている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報