ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年08月17日

元ウニオンのポルター、フォルトゥナ・シッタードへ移籍

fc-union-berlin
1. FCウニオン・ベルリン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 セバスチャン・ポルターが新天地を見出した。1.FCウニオン・ベルリンとの契約を満了しフリーとなっていた29才は、オランダ1部フォルトゥナ・シッタードへと加入する。これは月曜日に同クラブが発表したもので、ベテランFWとは2年契約を締結した。

 今回の移籍にあたり、ポルターは「特にホフランド監督と長い、密な話し合いができた」と述べ、「最初からチームにとって重要であるという感覚を与えてくれたし、プロジェクトも最終的に納得のいくものだった。大きな構想を思い描いており、僕自身その一端を担っていきたいと思う」と、意気込みをみせている。

 コロナ危機により中断された同国リーグを16位でフィニッシュしていたシッタードでは、今夏よりかつてヴォルフスブルクにてプレーしていたホフランド監督が就任。ウルティーTDは「今回の獲得で大きな一歩を踏み出せた」と、喜びを語った。

 ウニオン・ファンから大きな支持を集める存在でもあったポルターだが、その終焉は決して思うようなものではなく、クラブからは結束力の欠如を理由に戦力外通告。その理由となったのが、コロナ危機によるサラリーの一部返上に応じなかったとしており、これに対してポルター側は強く反論。先日にはウニオンのファンの活動のために寄付してベルリンを後にしている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報