ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年08月19日

ウニオン、アンデションがチーム練習復帰も早々に切り上げ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 およそ2週間に渡って1.FCウニオン・ベルリンのセバスチャン・アンデションは、感染性胃腸炎のためにしばらく離脱を余儀なくされており、それからは個別での練習メニューをこなす形で調整。火曜午前からはチーム練習復帰を果たしていたのだが、午後には早々とセッションを終了している。

 その理由について、マネージャーを務めるオリヴァー・ルーネルト氏は、「膝に少し炎症を抱えていてね」と説明。コロナ危機によるリーグ戦中断の時期にも左膝の炎症が伝えられていたが、今回は「セバスチャンが捻ったような感覚を覚えた」とのこと。大事には至ってはいないようで「夜を通して何もなければなんでもないということさ」との見方を語った。

 なおウニオンにおけるCF事情では、ポルターが退団(フォルトゥナ・シッタードに移籍)、アブドゥラヒは2部ブラウンシュヴァイクにレンタル、新加入のクルーゼは足首の負傷でまだ個人練習であり、それは負傷を抱えるイングヴァルトセンも同様。そのため新戦力のトイヒェルトと、若手のタズのみという状況だ。ただ間も無くアンデションが復調できれば問題は緩和されるのだが、ただ同選手については今夏移籍の可能性が指摘されている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報