ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年09月05日

FIFA、クルーゼとフェネルバフチェ双方からの訴えを認める

fc-union-berlin
1. FCウニオン・ベルリン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 FIFAは金曜日に、マックス・クルーゼと元雇用主であるフェルバフチェが、互いに訴えを起こしていることを明らかにした。「この件はいわゆる、紛争解決会議室(DRC)にて調査されています」と、kickerの問合せに対してコメント。

 クルーゼはサラリーの未払いから契約解除へと至っており、FIFAに対して訴えていたのだが、これにフェルバフチェ側も対抗した展開。トルコのメディアが報じたところでは、1800万ユーロの損害賠償請求となっているという。

 ただそのいっぽうで既にフェネルバフチェは、同選手のウニオン移籍に許可を与えており、特にとどこおりなく行われたことはFIFAも認めるところだ。そこで突然今度は、本気で同選手の契約解消の合法性を訴えるというのには、違和感を覚えずにいられない。むしろ世間体を気にしての行動では無いかとの見方もなされている。

 FIFAはそれ以上の情報について、「手続き中のため、それ以上はお伝えできません」とした。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報