ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年09月18日

ウニオン、クルーゼ復帰も、遠藤渓太は「時期尚早」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 2020/21シーズンのブンデスリーガ開幕戦を、本拠地で迎えることになる1.FCウニオン・ベルリン。このFCアウグスブルク戦が、マックス・クルーゼにとってウニオン・ベルリンでのデビュー戦となるかもしれない。

 今年3月に前所属先のフェネルバフチェにて、足首を痛めていた元ドイツ代表FWは、ここまで回復に努めテストマッチでは1度も出場機会はなかったものの、「開幕戦での出場を否定はしない」と、会見にてウアス・フィッシャー監督はコメント。「先発はちょっと夢を見過ぎのような気もするが、メンバー入りできるか見てみようではないか」と語った。

 ただその一方でウニオンの攻撃陣では、今夏にセバスチャン・ポルターが退団。先日にセバスチャン・アンデションがケルンへと移籍しており、またアンソニー・ウジャーが膝の負傷のために欠場という状況にある。

 また今夏加入の遠藤渓太は、アヤックスとのテストマッチで抱えた大腿の負傷から回復を目指しているところであり、「時期尚早」とのこと。ただし「順調な回復をみせている」ところであり、「今日は部分的ながら、チーム練習に参加している」ことも明らかにした。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報