ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年09月22日

ウニオンに痛手、ゲントナーが数週間の離脱へ

fc-union-berlin
1. FCウニオン・ベルリン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 1.FCウニオン・ベルリンはこれからしばらくの間、クリスチャン・ゲントナー不在の中でシーズンへと臨むこととなった。

 先週土曜に行われたFCアウグスブルク戦にて、同選手は左大腿を負傷して前半25分で交代を余儀なくされており、月曜日に受けた検査の結果、「今後、数週間」の離脱が見込まれていることが明かされている。

 なお負傷の内容、および離脱期間に関する具体的な説明は特になされなかったが、いずれにしてもチームの中盤を支えるベテランMFの不在は、ウアス・フィッシャー監督にとって頭の痛い問題だ。

 昨夏にシュトゥットガルトから加入した35才は、公式戦38試合中34試合で出場を果たしており、そのうち31試合は先発出場。シーズン終盤では、クラブ史上初となるブンデス1部残留に貢献する活躍を見せていた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報