ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年10月18日

ルーテ?カリウス?フィッシャー監督は手の内を明かさず

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 クラブ史上初となるブンデスリーガ昇格を果たして迎えた昨シーズン、1.FCウニオン・ベルリンは今節対戦するFCシャルケ04に対して、初戦のアウェイ戦では不運な形での惜敗、そして後半戦でのホーム戦においても試合を優位に進めながらの痛み分けと、悔しい2試合が続いているところ。今回こそ前節マインツ戦での快勝を勢いに、シャルケからのブンデス初勝利を手にしたい。

 その一方でシャルケでは、開幕ダッシュで大きなつまづきをみせて最下位へと転落。監督交代劇も起こるなど混乱期に直面しているところだが、それでもウニオンのフィッシャー監督は「彼らには本当に良い選手が揃っている。非常に難しい戦いになることだろう。自分たちのことに集中することが重要だと思う」とコメント。ただ選手起用に関しては前節の勝利を受けて、特に入れ替えを行う理由はないはずだ。

 ただしニコ・シュロッターベックに関しては右大腿に筋損傷を抱えてしまったために、今節いっぱいまでは欠場を余儀なくされる可能性が高く、そのため指揮官は3バックへの変更もオプションに検討していることだろう。また代表参加の選手たちについてもフィットネスコンディションを見極める必要があり、それは負傷から回復したばかりのクリスチャン・ゲントナーについても同様だ。

 だが何よりもの関心時といえばゴールキーパーである。果たしてアンドレアス・ルーテがそのまま先発起用されるのか、それともリヴァプールからレンタルしたロリス・カリウスが代表戦期間を利用し先発出場となるのか?フィッシャー監督によればすでに選手自身にはその判断を伝えているようだが、会見の席では特に明かされてはいない。

 もう1つ、この日の会見の話題となったのが、マックス・クルーゼの問題動画だ。SNSを積極的に活用することでも知られる元ドイツ代表FWは、自身のインスタグラムにて、バーで見知らぬ多くの若者たちと共にオンラインカードゲームに興じており、そこでの損失は自己責任だが、コロナ対策を守らずに距離を保っていなかった場面については問題だった。フィッシャー監督によればルーネルト競技部門取締役が対応している、「すでにこの問題は解決済みだ」と強調している。

シャルケの先発予想:レノウ – ルーデヴィヒ, サネ, ナスタッチ, オチプカ – マスカレル, ベンタレブ – スクリプスキ, ウート, ラマン – パシエンシア

ウニオンの先発予想:カリウス – トリメル, フリードリヒ, クノッヘ, C.レンツ – プレーメル, アンドリヒ – ベッカー, ビュトラー – クルーゼ – アウォニイ

※10月18日18時開催(日本時間25時)
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報