ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年10月23日

ウニオン、プレーメルとカリウスに欠場の危機

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 週末に控えるSCフライブルク戦では、今シーズン2勝目を手にしたい1.FCウニオン・ベルリン。だがウアス・フィッシャー監督が決して、ベストメンバーで試合に臨めるというわけではない。グリシャ・プレーメルが数日前より筋肉系の問題に悩まされ、今は別メニューでの調整が続いていることからも、前節シャルケ戦から先発の入れ替えを余儀なくされそうだ。

 さらに水曜日の練習では、ロリス・カリウスが途中で中断。FCリヴァプールよりレンタルで加入中のGKは、木曜日の練習参加を見送っており、おそらくは今節でも引き続きアンドレアス・ルーテが、ウニオンのゴールマウスの前に立つことになるだろう。

 さらにウニオンではCBニコ・シュロッターベック(大腿筋の筋損傷)と、FWアンソニー・ウジャー(膝の負傷)が引き続き欠場。「難しい試合となる」と語った指揮官だが、ちょうど1年前のフライブルク戦とのホーム戦と同様に、この試合でも勝利を飾りたいところだ(2−0)。
  


  • ブンデスリーガ・各チーム情報