ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年12月08日

ウニオン、ゲントナーは古巣シュトゥットガルト戦から復帰か

fc-union-berlin
1. FCウニオン・ベルリン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 11月中旬に行われた代表戦期間中にて、ふくらはぎを負傷しここまで離脱が続いている、1.FCウニオン・ベルリン所属のクリスチャン・ゲントナー。同箇所は今季開幕戦のアウグスブルク戦でも負傷していたものであり、4週間に及ぶ離脱を経て、今季2度目の復帰を間も無く果そうとしている。

 ただそれが、今週土曜に行われる王者バイエルン・ミュンヘン戦となるかについては、今のところはまだ未定のままだ。ウアス・フィッシャー監督は「難しいだろうね。非常に」とコメント。その一方でその後の古巣シュトゥットガルト戦での出場の可能性につては、「おそらくは、そのチャンスがあるだろう」との見方を示した。「日々様子を見て行くしかない。ただ順調には来ている」

 なおウニオン・ベルリンでは、金曜のドイツ首都決戦で負傷したマックス・クルーゼをはじめ、同じくFWのアンソニー・ウジャーとジョエル・ポーヤンパロが膝の負傷で、DFでもニコ・シュロッターベック(大腿)とフロリアン・ヒュブナーもまた月曜の練習参加を見合わせている。前節急遽欠場したヒュブナーは、内転筋に問題を抱えているようだが、アンドリヒの出場停止という事態の中で今回のバイエルン戦では、「可能性はある」との見方を指揮官は語った。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報