ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年12月30日

FIFAがクルーゼを支持、フェネルバフチェとの争いも決着へ

fc-union-berlin
1. FCウニオン・ベルリン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 マックス・クルーゼと古巣フェネルバフチェによる法的論争に、ついに決着のときが訪れたようだ。FIFA はクルーゼ支持の判決を下しており、さらに支払いをフェネルバフチェ側へと命じることになる模様。

 そのフェネルバフチェ側は「協議を行った後、平和的に解決をみた」と火曜日に発表。「マックス・クルーゼの今後のキャリアの成功と、今回の結果が双方にとってメリットとなることを願っています」と言葉を続けている。

 今年の6月に32歳の元ドイツ代表FWは、給料の未払いが限度額を超えていたとして契約解除を行い、その金額は750万ユーロと言われているところだが、一方でフェネルバフチェ側はウニオンへの無償移籍を認めたにもかかわらず、トルコメディアによると1800万ユーロの損害賠償を求め、FIFAにも異議を申し立てたとのこと。

 しかしながらその訴えは既に取り下げ、FIFAはクルーゼ支持の判断を下しており、さらにフェネルバフチェ側に対して追加の支払いを命じることになるようだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報