ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年02月01日

ウニオン、スラヴィア・プラハからFWムサ獲得

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 移籍市場最終日に1.FCウニオン・ベルリンは、補強ポイントとなっていたFWの獲得に成功した。スラヴィア・プラハより、ペーター・ムサを獲得。無事にメディカルチェックをベルリンでパスした22才のセンターフォワードは、今季いっぱいまでのレンタルで加入する。

 オリヴァー・ルーネルト競技部門取締役は、「ペーター・ムサは、我々のセンターフォワードにある穴埋めてくれることだろう。これにより我々は、この重要なポジションにしっかりと戦力を配備することができた」と喜びのコメント。

 ムサは「ブンデスでのプレーが待ち切れない。ここまでチームは素晴らしいシーズンを過ごしているし、その力になっていきたい。早くチームに慣れて早くピッチに立ちたいね」と意気込みをみせた。



レンタル+マッチングオプション

 なおレンタル料は20万ユーロ。買取オプションは付随していないが、ウニオンにはマッチングオプションがある模様。すでに日曜日の時点でスラヴィア・プラハのトルピソフスキー監督監督は、この移籍について認める発言をしており、今回のオファーは「絶好の機会」であり、「挑戦したいという意思をもっている」とコメント。

CFに離脱者重なるウニオン

 ウニオンのCFではマックス・クルーゼ、ジョエル・ポーヤンパロ、そしてアンソニー・ウジャーが負傷により長期離脱しており、特にウジャーについては昨日、膝の再手術を受けることも明らかに。そこでクロアチアU21代表としては、今回の機会を利用してむしろ、夏のユーロ参加に向けアピールしたいところ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報