ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年02月15日

ウニオン、マックス・クルーゼ復帰迫るも過度な期待に警鐘

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 週末に行われた最下位FCシャルケ04戦では、1.FCウニオン・ベルリンは合計20本ものシュートを放ちながらも、最後までゴールネットを揺らすことが叶わなかった。この決定力不足という最近の問題を解決していくには、やはり2ヶ月の長期離脱に入るまで、チームのスコアリングリーダーとして活躍をみせていた、マックス・クルーゼ復帰に寄せる期待感が否応なしに高まりをみせる。

 実際に元ドイツ代表FW自身もインスタグラムにて、来週のフライブルク戦での復帰を示唆する投稿を行っており、ウアス・フィッシャー監督も「オプションになる可能性はあるよ」とコメント。ただ筋束の断裂から回復を果たしているとはいえ、まだチーム練習には部分的に参加しているところであり、先発起用には慎重な姿勢を強調。そして「クルーゼ任せ」は誤りとし、「決定率100%とはいかないんだ。他の選手だってでてこないと」と、過度な期待感への警鐘も鳴らした。

 なお今回のフライブルク戦からは、レンタル元との対決となるニコ・シュロッターベックが、出場停止あけとなるために再びオプションへ。その一方でプライベートの理由により週末の出場を見合わせたアンドレアス・ルーテについては、今のところはまだ次節の出場が不透明となったままで、フィッシャー監督もまだルーテの復帰の目処について、特に明言することはできなかった。「状況をみきわめていくことになるよ」
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報