ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年05月06日

ウニオン、クルーゼの出場が疑問視。プレーメルは欠場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 1.FCウニオン・ベルリンのウアス・フィッシャー監督は、木曜日に行われたバーチャル形式の会見の中で、週末に行われるVfLヴォルフスブルクとのアウェイ戦にて欠場する、8人の選手の名前を列挙した。そこにはタイウォ・アウォニイ(大腿の負傷)、シェラルド・ベッカー(足首の手術)、レオン・ダジャク(足首の靭帯損傷とコロナ感染から復帰)、セドリック・トイヒェルト(膝の負傷)、アンソニー・ウジャー(膝の手術)に加え、グリシャ・プレーメルと、フロリアン・ヒュブナー、そしてヤクブ・ブスクがそれぞれ、筋肉系の問題により加わることに。なおアウォニイは来週なかばか終わりまでにはチーム練習復帰の見込み。

 また古巣戦に臨むマックス・クルーゼについても、いまだ疑問符がつけられている状況だ。元ドイツ代表FWは大腿に問題を抱えており「決して状態が良いとはいえない。ただそこまで悪いとも言えないが。マックスは今日、チームと共にフルメニューをこなしてはいるものの、まだこれから取り戻していかなくてはならない部分もある」と指揮官。「まだ少し慎重にみている。明日は最終調整があるのでね。ただ少なくともメンバー候補になれることはポジティブだ」と語った。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報