ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年05月09日

ウニオン、クリスチャン・ゲントナーの退団を発表

fc-union-berlin
1. FCウニオン・ベルリン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 この夏、クリスチャン・ゲントナーが2年間過ごした、1.FCウニオン・ベルリンを後にすることとなった。これは日曜日にウニオンが発表したものであり、ゲントナーは7月から新しい挑戦をしたいと考えているという。「ベルリンでは来た時から居心地の良さを感じていたし、ウニオンではホームのように感じる事ができた」と同選手はコメント。「ここでの2年間はサッカー面でみても非常にうまくいっていた」と振り返った。

 2019年にシュトゥットガルトからフリーで加入したゲントナーは、当初は苦労する時期もあったがリーダーとして存在感を示していき、「重要な役割を果たしてくれた。ピッチの内外を問わずプロとして、その姿勢、内面性でも模範的存在だった」とルーネルト取締役は評価。ただゲントナーは家族とともに、「夏になって、また新しい道を歩もう」と決断したとのことで、「今はウニオンのユニフォームを着てのプレーを最後まで楽しんでいき、そして最高の形でシーズンを締め括りたいと思う」と意気込みをみせている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報