ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年05月22日

欧州進出かかるウニオン、最終節でポーヤンパロが欠場

fc-union-berlin
1. FCウニオン・ベルリン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ブンデスリーガ2シーズン目となった今季も引き続き、好調なシーズンを戦ってきた1.FCウニオン・ベルリン。最終節ではそんなシーズンに花を添えるため、新設されたUEFAヨーロッパカンファレンスリーグへの出場権をかけ、2位RBライプツィヒへと挑むことになる。

 しかしながらこの試合では前節、古巣レヴァークーゼン戦にて同点弾をマークしたジョエル・ポーヤンパロが、その試合で負った足の負傷により欠場。さらにロベルト・アンドリヒも、5枚目の警告を受けてしまったために欠場を余儀なくされる。

 なおこの試合ではコロナ感染率の減少に伴い、ベルリン上院にて承認されたパイロットプロジェクトとして、コロナの簡易抗体検査とマスク装着が義務付けられる中で、2000人の観客を動員することが可能であり、その中で退団する選手たちへ別れを告げることになる。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報