ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年06月27日

PSVよりバウムガルトル、ウニオンでブンデス復帰へ

fc-union-berlin
1. FCウニオン・ベルリン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 1.FCウニオン・ベルリン では現在、オランダ1部PSVアイントホーフェンから、ティモ・バウムガルトルの獲得へと近づいている。25歳のドイツ人センターバックは、2年間のエールディビジでの経験を経て、再びブンデスリーガへと戦いの舞台を移すところだ。

 まだ最終的な詳細についてはクリアになっていないものの、間も無く移籍は成立の見通しとなっており、今回は1年間の期限付きにてウニオンへと加入。ただし契約には買い取りオプションが付随しており、これは当初ドイツの大衆紙ビルトが報じていた。

 ベーブリンゲン出身のバウムガルトルは、2013/14シーズンから2018/19シーズンまでVfBシュトゥットガルトにてプレー。そこでブンデス86試合、2部29試合に出場しており、2019/20シーズンからPSVに加入。しかしながらバックアップ以上の役割をなかなか得られずにいた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報