ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年07月11日

遠藤渓太、原口所属のウニオン。急遽テストマッチが中止に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 先日合流したばかりの原口元気が見守る中で、1.FCウニオン・ベルリンは土曜日に本来ならば、ドゥクラ・プラハとのテストマッチを行う予定となっていたものの、対戦相手のチームバスが渋滞にハマってしまったことにより急遽中止に。遠藤渓太らウニオンの選手たちは1時間15分遅れより、30分ハーフによる紅白戦を実施している。

 なお試合は後半39分に、白組の今夏加入ベーレンスが先制するも、わずか1分後に紅組のアブドゥラヒが40分に同点弾。それから47分、そして59分とダジャクが得点を重ね、最終的には白組が勝利を収めている。フィッシャー監督は試合後、「このような状況下を思えば理想的な結果だとは思う」とコメント。「選手たちの姿勢は良かったし、頑張る姿がみて取れた。こういう時こそ真価が問われるというもの」と言葉を続けた。遠藤渓太は紅組でフル出場している。

 なおセドリック・トイヒェルトについては、この日は「軽い負傷」を抱えているために出場が見合わされていたものの、しかしながらこれから参加する東京五輪出場に向けては特に問題はないようで、あくまで「リスクをおかすような事はしたくなかった」と付け加えた。その他、合流まもない原口元気、胃腸の問題でティモテウシュ・プハチ、膝の問題でアンソニー・ウジャー、体調不良のためロビン・クノッヘ、リハビリ中のグリシャ・プレーメル、足指を骨折したマティス・ブルンス、そして代表参加のためにシェラルド・ベッカーも不在となっている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報