ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年07月19日

ウニオン、グリシャ・プレーメルも夏季合宿帯同へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 月曜日よりチロル地方にて、10日間のサマーキャンプを実施する1.FCウニオン・ベルリンだが、これにグリシャ・プレーメルも参加することとなった。手術から予想以上に順調な回復を見せていると、ルーネルト競技部門取締役は明かしており、キャンプでは「アスレチックコーチや、リハビリコーチと共に取り組むことになる。ただすでにかなり進展していて、それは考えているよりずっと先のものだよ」と言葉を続けた。ただその手術の詳細については特に明かしてはおらず、おそらくは開幕ではまだ離脱のままということになるだろう。

 さらに主将クリストファー・トリメルも参加。同選手はユーロ参加からここまで休暇が続いており、ゴールドカップ参加のシェラルド・ベッカーについてもこれから準備をスタート。ただその一方でユリウス・カーデについては、しばらくの間トレーニングキャンプには参加しないという。2部昇格を果たしたドレスデンより関心を持たれている22歳は、月曜日に「個人的な事情」のため不在に。「一緒に向かうことはできないんだ。後から合流することになる」と説明した。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報