ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年07月20日

ウニオン、夏季合宿先でダジャクとプハチが入院

fc-union-berlin
1. FCウニオン・ベルリン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 2021年1月にバイエルン・ミュンヘンから1.FCウニオン・ベルリンに加入したレオン・ダジャクだが、しかしながらこれでは決してうまく事が運んでいるとは言い難い。足の負傷やコロナ感染などの影響もあって、僅か2試合の途中出場にとどまっており、さらに火曜日には更に、夏季合宿先で「急遽、盲腸の手術を受けることになった」とクラブ側が発表。苦難の時期はこれからも続くことになる。

 またティモテウシュ・プハチについても同様に、またウニオンでは順調には事が運んではいないようだ。レフ・ポズナンより加入した新戦力は、「急性感染症のために、予防的措置として昨日の夕方、トレーニングキャンプから近くの病院へと搬送されました」とクラブ側が発表。ほどなく退院の見込みではあるものの、それでもしばらくの間は離脱を余儀なくされることになった。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報