ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年08月23日

メンバー外が続く遠藤渓太、フィッシャー監督「ちゃんと話し合っている」

fc-union-berlin
1. FCウニオン・ベルリン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 1.FCウニオン・ベルリンが昨夏にJリーグの横浜Fマリノスからレンタルし、そしてこの夏には買取オプションを行使する形で獲得した、遠藤渓太。しかしながらドイツ杯初戦でこそベンチ入りしていたものの、その後のブンデスリーガ2試合、さらにはUEFAヨーロッパカンファレンスリーグにおいても、同選手の名前はメンバーリストの中から見受けられなかった。

 その理由について、日曜日のホッフェンハイム戦に先駆けて行われたプレスカンファレンスにて、ウアス・フィッシャー監督は「確かに、少し外れているところはあるね」とコメントしつつ、「現在はある程度、後塵を拝する格好となっている。だがそれは何も遠藤だけに該当することではない。これがサッカーなんだ。時には嬉しくはない決断だってくださなくてはならないもの」とコメント。

 決して遠藤渓太によるトレーニングにおける態度などの問題があってのことではないとしており、「取り組み方がよくないとか、そういうことではないんだ」と断言。今は再び戦列に加わるため、「何をすべきなのか。それはちゃんと彼は理解している。このことについては、私たちは個人的に話し合っているんだ。今はそれを実践しようとしているところなんだよ」と語った。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報