ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2022年04月19日

ウニオンの遠藤渓太、状態とポジションを模索

fc-union-berlin
1. FCウニオン・ベルリン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 昨シーズン、そして今シーズンと1.FCウニオン・ベルリンは順調なシーズンを戦っているものの、その一方で遠藤渓太にとってはまたしても、辛いシーズンを過ごすこととなってしまった。

 ドイツ杯準決勝RBライプツィヒ戦前に行われたプレスカンファレンスにて、うあす・フィッシャー監督は「システム上、ウィングの選手を起用できないというのは、確かに不運なことだ」と説明。「彼は練習では時折、CMFでプレーしている。」とも明かしている。

 ただそれだけではなく、「体調面で問題を抱えてしまっていた」ことも指摘、最近は膝の負傷により「4週間も離脱を余儀なくされたので、その間トレーニングもままならなかったんだ」と言葉を続けた。「10日ほど前から再び、チームと共に練習しているところだよ」

 だがそれでもフィッシャー監督は「よくやっている」と評価しており、「数日前にも前向きにいこうという話をした。戦列復帰のための準備をしていくということ。万全の状態にするには時間はかかるものだ」とも強調している。「彼は近づいてきている。重要なことはそれを続けていくことなんだ」
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報