ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2022年07月01日

ウニオン、アウォニイの後釜にジョルダン・シエバチュ獲得

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 1.FCウニオン・ベルリンでは今夏に移籍した、タイウォ・アウォニイの穴埋めにさほど時間をかけることなく発表へと至った。スイス1部ヤングボーイズ・ベルンから、ジョルダン・シエバチュの獲得を正式に発表している。通例通り契約に関する詳細は明かされていない。

 「ジョーダンのプレースタイルは我々のものと非王にマッチしており、様々なプレーシステムで起用できるストライカーだよ」と、ルーネルト競技部門取締役はコメント。「彼のもつ決定力に期待しているし、ウニオン入りを選択してくれて嬉しく思っている」と言葉を続けた。

 ユース時代はフランス代表として、そして昨年にはアメリカ代表としてA代表デビュー。今季スイス1部リーグにて32試合に出場し22得点、4アシストをマークしており、見事得点王にも輝いた26歳は、昨年9月に行われたマンチェスター・ユナイテッド戦にて金星に導く決勝弾。CLでは6試合に出場して2得点をマークしているところ。

 「若手選手として完璧な場所だったベルンでの2年間の成功の時を経て、これからはキャリアの次のステップへと臨んでいるところだよ」と語った同選手は、「ブンデスリーガで自分の力を証明していきたいし、ウニオンが正しい場所だと確信している。彼らのスタイルはとても僕にマッチしているし、得点した時ここの本拠地が醸し出す素晴らしい雰囲気をとての楽しみにしているところだよ」と語った。

若手ソムニッツはオーストリアへ
 
 若手選手のマキシミリアン・ソムニッツについては退団することになった。kickerが得た情報によると19歳のMFは、オーストリア2部リーグのグラーツァーAKに移籍する模様。2019年にBFCプロイセンからウニオンに入りしたソムニッツは、新天地とは2年契約を締結。ただウニオンは買い戻しオプションが確保したようだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報