ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年12月06日

581日ぶりに先発復帰したフライブルクのキャプテン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


キャプテンが戻ってきた!実に581日ぶりに先発復帰を果たしたユリアン・シュスターは「長かったね。ただここのところはとてもいいフィーリングがあったし、復帰して勝ち点も得られたからうれしいよ」と喜びを語っている。

2部降格を喫した昨季は、負傷や不振により1度も先発出場を果たすことができなかった31歳のMF。それでもシーズン終了後には1年契約の延長に応じて心機一転、再びブンデス1部の戦いへと戻ってきたものの、今季はここまでポカール1回戦での途中出場のみにとどまっていた。

「でも僕はいつかチャンスはくると思っていた」とシュスター。そしてレヴァークーゼン戦でつかんだチャンスをものにし、長期離脱の影響はほとんどみせない活躍を披露。ともにボランチコンビを形成したマイク・フランツは「戦術と規律をもちこんでくれた。うまくいったね」と賛辞を送った。

「こういったチームを相手にしては、コンパクトに構えることがベースとなるんだよ」その結果レヴァークーゼンとのアウェイ戦で勝ち点1の確保に成功しており、「これからの戦いに向けて自信となるね」と述べている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報