ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年12月10日

シュトライヒ監督、シュテンツェルを称賛

SC Freiburg
SCフライブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

stenzel8-1481282085
前節のレヴァークーゼン戦では、シュトライヒ監督は1つのサプライズ起用を行なった。キュブラーが初めてフライブルクのユニフォームに身を包んで公式戦に臨んだだけでなく、右サイドバックで起用されていたパスカル・シュテンツェルを右ウィングへと配置したである。

今夏にドルトムントからレンタルにて加入したシュテンツェルは、本来はボランチを本職とする選手だ。しかしトーマス・トゥヘル監督からも右サイドバックとしても起用されていた20歳は、フライブルクへレンタル移籍すると即座に主力の座を確保。今季はすでに10試合に出場してkicker採点3.55をマークしている。

シュトライヒ監督は「サッカーに熱心で、若いが試合を読むのがうまく、いまは4つのポジションでプレーが可能だ」と称賛。「中期的展望」として、ボランチでの起用についても考えにあることを明かした。

ただそこでポイントとなるのは、今季いっぱいまでとなっているレンタルが延長されるかどうかにある。シュテンツェルは「様子を見てみることになるし、決まる時には決まるさ。」と述べ、「今は自分のタスクに集中して臨むよ」との考えを強調している。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報