ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年12月15日

ソユンチュ「この半年を少し誇りに思う」

SC Freiburg
SCフライブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SC Freiburg - Eintracht Frankfurt
今夏にトルコからフライブルクへと渡ってきたチャグラル・ソユンチュ。ここまでのフライブルクの印象については「とても気に入っているよ」と明かし、「トルコの方がもっと感情を露わにするというところはあるけど、でもドイツのスタイルも楽しんでいる。ピッチ外の部分も含めてね」と語った。

将来を見越して徐々に成長をさせていく方針が持たれていたチャグラル・ソユンチュだが、相次ぐCB陣の離脱で先発を担うことに。「家で冷静にこの半年のことを振り返ると、少し誇りに感じられるよ。TVでみていたクラブや選手と戦えているんだ。トルコでブンデスは人気なんだよ」とコメント、「チームからはとてもサポートを受けているし、外国語をマスターしたことのないドイツ語は確かに難しいけど、でも常に携帯が鳴るほどチームメイトたちから連絡が包んだ」と述べている。

またトルコ時代との違いについては、「ブンデスはフィジカルもそうだけと頭の部分もとても問われる。守備についてはとにかく勉強することが多いよ」と話し、残留を目指して「安定して慌てることがなければ、勝ち点は重ねていけると思う」と自信を見せた。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報