ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年01月24日

ヘーラー「フライブルクの観衆は素晴らしい」

SC Freiburg
SCフライブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ブンデスデビューのチャンスは思っていたよりも早く訪れた。今冬に2分ザントハウゼンから加入したルーカス・ヘーラーは後半戦での2試合でともに先発出場。土曜日に迎えるボルシア・ドルトムント戦でも引き続き先発出場が期待されているところだ。

「あまり喜びにひたるような時間なんてないんだ。次々にタスクは訪れるからね」と23才のFWはコメント。特にまだ守備に関しては課題が残っており、「フランクフルト戦ではまずいところもみせてしまった。ただライプツィヒ戦では対人戦に懸命にのぞめたし満足できるものだ。それは数字にも現れている」とコメント。最前線で65%で勝利をおさめただけでなく、チーム最長の総走行距離を走破するなどその精力さはみてとれた。

ただブンデス初得点に関してはまだお預けとなってしまったのだが、しかしながらそれでも今回の強豪ライプツィヒから収めたホームの観衆の前での勝利は、ヘーラーにとって特別なものだったという。「これまでブンデスのスタジアムにはいくつも試合を見に行っているけど、ここは特別だね。経験したことのないよな後押しを得られる、素晴らしい雰囲気があるよ」と賞賛。

次節は8万人の大観衆がつめかけるボルシア・ドルトムントとのアウェイ戦が控えるが、「これまでの対戦成績の分の悪さについては知っている」と前置きしながらも、ヘーラーは「でも僕たちだって7試合連続で無敗を継続している。戦う前から勝ち点を諦める必要なんてないさ」と意気込みをみせた。


 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報