ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年08月17日

フライブルク、シュスターの後任主将にフランツを指名

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 SCフライブルクは所属選手らによる取り決めの結果、今シーズンの主将としてマイク・フランツを任命したことを発表した。副主将には同じく主将候補としてあがっていた、ユースから絶対的主力に上り詰めたクリスチャン・ギュンター、そしてドイツ代表FWニルス・ペテルセンが選出。

 昨季いっぱいで長年キャプテンを務めてきた、ユリアン・シュスターが引退してクラブ内部へと入閣したことでの入れ替えであり、そのほかの選手評議会のメンバーには守護神アレクサンダー・シュヴォロウ、そしてDFのニクラス・ヘフラーが含まれている。

 「特に選手たちから選出してもらったというのは、素晴らしい評価を受けたと思う」と、フランツは喜びのコメント。「僕自身この2年間で副主将を務めていたけど、でもこのチームには責任をおえる選手がたくさんいるし、特に環境に大きな変化が起こるわけではないと思うよ」とも付け加えた。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報