ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年08月20日

フライブルク、ハベラーがコットブス戦欠場。ヴァルトシュミットは復調

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 月曜日に今季最初の公式戦、ドイツ杯初戦を迎えるSCフライブルクだが、そのコットブス戦ではヤニク・ハベラー抜きで臨むことが明らかとなった。

 24才のMFは今夏はU21欧州選手権参加のために、十分な夏季休暇を得られないままチームに合流しており、最近ではマネージャーを務めるヨッヘン・ザイアー氏が「本当によく頑張っている」と賞賛。

  「そのクオリティとエネルギーをピッチで発揮できれば、このチームにとって非常に重要な存在となる。売却など考えたこともない」と期待感を示していたのだが、しかしながら精密検査の結果、負傷が確認されたために欠場を余儀なくされることが明らかとなっている。

 さらにフライブルクではアミール・アブラシ、カレブ・スタンコ、ヨリッチ・ラヴェも負傷により欠場。その一方でテストマッチで、大腿筋に打撲を受けていたルカ・ヴァルトシュミットについては復調を果たした。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報