ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年09月01日

フライブルクのシュトライヒ監督、引き続き次節も休養へ

SC Freiburg
SCフライブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 金曜午後にフライブルクはクリスチャン・シュトライヒ監督が、週末に行われるブンデスリーガ第2節TSGホッフェンハイム戦でも引き続き、参加を見合わせることを発表した。

 「クリスチャン・シュトライヒ監督はホッフェンハイム戦でチームとともに遠征に帯同しません。まだ痛みが残っており、制限された動きしかできない状況にあるのです」

 シュトライヒ監督は椎間板ヘルニアを抱えた状況が続いており、最近のトレーニングではアシスタントコーチらが指導しており、またドイツ杯初戦、そしてブンデス開幕戦と、これまでの公式戦2試合ではアシスタントのラース・フォスラー氏が指揮をとっている。

 そのフォスラー氏は、「いまは我々みんなそれぞれが、より多くの事に取り組まなくてはならない状況だ。」と述べ、「来週に復帰することを期待しているし、全てが順調に進むように願っているよ」とコメント。

 ただその前に今回の試合ではブンデス開幕戦フランクフルト戦での雪辱、そして代表戦期間にポジティブに入っていくためにも、今回のホッフェンハイム戦ではいい結果を残したいところだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報