ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年10月04日

フライブルク、ペテルセンがレヴァークーゼン戦を欠場か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 今シーズンは開幕から選手のみならず、クリスチャン・シュトライヒ監督自身もまた、負傷により戦線を離脱するなど、ここまで怪我人に苦しめられるシーズンがつづいているSCフライブルク。

 そんななかで、脳しんとうを抱えていたヤニク・ハヴェラーが再びチーム練習に復帰するという朗報が届いたが、しかしながら肩関節に打撲を受けたドイツ代表FWニルス・ペテルセンのレヴァークーゼン戦での出場は、いまだ危惧されたままとなっているところだ。

 さらに前節で欠場を余儀なくされたパスカル・シュテンツェルについても、引き続き出場が危ぶまれてはいるものの、しかしながらペテルセンよりは出場に近い立ち位置にあるとみられている。

 なお右サイドバックでは、同じくルーカス・キュブラーが脳しんとうのためにまだ個人練習を再開した段階にあり、そのため前節ではCBリーンハルトが代役を務める事態となったが、筋肉系の問題を抱えるルカ・ヴァルトシュミットと同様、まだ復帰時期自体が未定のままとなっている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報