ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年10月20日

フライブルクに朗報!ドイツ代表ペテルセンが復帰

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 どうやら今回の代表戦期間は、SCフライブルクへ味方してくれたようだ。今週は続々と負傷離脱選手が練習場へと姿をみせており、日曜日に行われるヘルタ・ベルリン戦での出場が危ぶまれていたニルス・ペテルセンが復帰、さらにパスカル・シュテンツェル、マイク・フランツに関してもオプションとなる可能性が残されていることが明らかとなった。

 「ニルスは今回の遠征に帯同するよ、さらにスターティングメンバーのオプションとしても考えられるだろうね」と、クリスチャン・シュトライヒ監督は語った。「ただ何がもっとも有意義であるか、その判断をしっかりとくだしていかなくてはならないよ」

 シャルケとのホーム戦で勝利を収めた際に、ペテルセン、そしてシュテンツェルは共に、肩に打撲を受けていたものの。今週では練習場へと復帰。しかしシュテンツェルについてはまだ、主将のマイク・フランツと共に、まだ出場の可否の決断は下されていない。

 ただいずれにせよフライブルクにとって、これは朗報だ。先日フロリアン・ニーダーレヒナーの長期離脱が確定したことで、もしもペテルセンも欠場となればヴァルトシュミット、もしくはサライやハベラーといった、トップを本職としない選手たちの起用に終われる可能性があったのだ。

 さらにウィングに関しても、ヨリッチ・ラヴェが再び戦列へと加わっている。すでに4部相当にあたる下部チームにて2試合、さらには非公開形式でのテストマッチにも出場している同選手は、「そこで良い影響を受けている」と指揮官。ただまだ引き続き、下部チームにてプレーする可能性もまた残されている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報