ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年11月13日

フライブルク、膝負傷のヘフラーが手術のため年内全休へ

SC Freiburg
SCフライブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 週末に行われた1.FSVマインツ05戦にて、1−3で敗れたSCフライブルク。さらにこの試合では、ニコラス・ヘフラーが右ひざを負傷し、交代を余儀なくされていた。

 ブンデスリーガ100試合目は、辛い結末となってしまった。前半28分と後半54分に訪れたビッグチャンスを活かせず、さらに自身のロストから駄目押し点となる3失点目を許し、そして75分には相手FWオニシウォのハードファウルを受けて負傷。そのまま交代を余儀なくされている。

 試合後、クリスチャン・シュトライヒ監督は「少なくとも、内側側副靭帯はやってしまっただろう。十字靭帯には影響がないよう希望している」と述べていた。そして月曜日に受けた診断の結果、その内側側副靭帯を断裂していたことが判明。「木曜日の手術を受け、残りの前半戦は欠場s売ることなります」と、クラブ側よりツイッターにて発表された。

 フライブルクに加入し今季で5年目を迎え、今ではフライブルクの中盤を担う28才のMFは、今季はここまでリーグ戦全試合11試合で負傷交代までフル出場、kicker採点平均では3.82をマークしている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報