ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年11月23日

古巣ブレーメン戦での復帰を目指す、ゴンドルフとペテルセン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 週末に迎えるブレーメンでのアウェイ戦は、フライブルクのニルス・ペテルセン、そしてジェローム・ゴンドルフにとっては、まさに古巣との一戦ということになる。昨季にダルムシュタットからブレーメンへと加入したゴンドルフは、そこでリーグ戦21試合に出場。第7節を最後に負傷離脱が続いてはいるものの、既に復調を果たしており、この試合での復帰を目指している。

 一方でペテルセンは2012年から2014年までに在籍した、ゴンドルフ同様直近の古巣とはいえ移籍からより時間が経過しているものの思い入れは強く、この試合でもゴンドルフと同様に出場したいところだろうが、しかしながらまだ筋肉の問題によりギリギリの判断といったところだ。

 そのほかフライブルクではルーカス・キュブラーが、筋損傷から復調して水曜日に練習復帰をはかってはいるものの、しかしながらおそらくはこの試合でも欠場することになるだろう。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報