ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年12月05日

フライブルク、負傷者リストから徐々に復帰

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 週末には強豪RBライプツィヒとの一戦がまっているSCフライブルク。これまでの3度の対戦では、常に4点を得た側が勝利をおさめるなど大味な試合展開となっており、特にフライブルクとしては、ブンデスリーガ最少失点を誇るライプツィヒのディフェンスをどうかいくぐるかがポイントということになりそうだ。

 その一方でフライブルクでは、徐々に負傷者リストから選手たちが復帰に向かって戻ってきており、筋損傷から回復した右サイドバックのルーカス・キュブラーは前節ドルトムント戦からベンチ復帰、病気をわずらっていたフィリップ・リーンハルトとGKマーク・フレッケンも先週末から復帰。

 また靭帯断裂から復帰をめざすブランドン・ボレロ、そしてアミル・アブラシについては別メニューで調整しており、筋肉を負傷したケヴィン・シュロッターベックと膝に負傷を抱えたカレブ・スタンコはチーム練習復帰間近に。内転筋に炎症を抱えたローランド・サライと、膝の内側側副じん帯を断裂したニコラス・ヘフラーはリハビリを行なっているところだ。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報