ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年12月21日

2クラブがフライブルクを踏み台に最下位脱出、ニュルンベルクも続けるか?

SC Freiburg
SCフライブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 今シーズンはここまで、昨季2位のシャルケ、そして今季2位のグラードバッハから勝利し、さらに王者バイエルンとは敵地でドローを演じたSCフライブルク。だが今シーズンこれまで2度経験した最下位との戦いでは、デュッセルドルフに敗戦し、ハノーファーにはドロー。両チームともに最下位からの脱出に成功している。

 しかしながらクリスチャン・シュトライヒ監督は、今回のハノーファー戦について「重要なことは、試合を見出せなかったとき、うまくボールをもった時に対処できていない時であっても、敗戦を免れるということだよ」と強調。たしかに開始早々にPKで先制こそしたが、フィジカルなハノーファーの守備に苦しめられており、逆に後半ではハノーファーにビッグチャンスを掴まれており、「気迫溢れるプレーができていなかったらひっくり返されていたさ」と語った。

 そして奇しくも年内最終戦の相手は、ハノーファー96と入れ替わりで最下位へと転じたニュルンベルク。果たして今回もまた最下位脱出を果たすことになるのか。なお今節ではハノーファーとデュッセルドルフが下位直接対決が控えている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報