ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年01月11日

フライブルク、主将ギュンターが負傷でキャンプから離脱

SC Freiburg
SCフライブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 SCフライブルクの主将として、さらには左サイドバックの絶対的な存在として、まさに欠かせない存在となっているクリスチャン・ギュンターだが、後半戦の開幕を1週間前に控えた金曜、筋肉系に問題を抱えてトレーニングキャンプから離脱することが明らかとなった。

 ここまで63試合連続でフル出場を続けてきた鉄人だが、これによりアイントラハト・フランクフルト戦では久々の欠場を余儀なくされる可能性が出てきている。まだ負傷に関する詳しい情報は明らかとはなっていないが、仮に長期間に及ぶものとなれば、クリスチャン・シュトライヒ監督は大きな問題を抱えることに。

 現在フライブルクで控えている左サイドバックのオプションは、昨年10月にブンデスデビューを果たしたばかりの21才、チマ・オコロジのみという状況にあるのだ。なおフライブルクでは土曜日にスペインでマインツと2試合、それぞれ90分間のテストマッチが組まれている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報