ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年01月29日

フライブルク、カマーバウアーを2部キールへレンタル

SC Freiburg
SCフライブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 奥川雅也が所属するブンデス2部のホルスタイン・キールは、グラードバッハのラシュロ・ベネシュに続き、同じくブンデスリーガのフライブルクから、パトリック・カマーバウアーを獲得。21才のDFは1年半の期限付きっで加入する事になり、さらに買い取りオプションも付随している。

 ホルスタイン・キールでマネージャーを務める、ファビアン・ヴォールムート氏は「パトリック・カマーバウアーは素晴らしい育成を受けた、大きなポテンシャルをもった選手だ。彼のフレキシブルさと、ニュルンベルクやフライブルクで培った経験は、我々のプレーにおいて重要な役割を果たしてくれることだろう」と期待感を示した。

 身長174cmのカマーバウアーは、ボランチとしても右サイドバックとしてもプレーが可能であり、ニュルンベルクのユースセンターににて育成されて、2016/17シーズンでは2部31試合に出場。世代別の代表ではU15からU20まで通算25試合に出場している。

 そして1年前にフライブルクへの移籍を決断したのだが、しかしながらそこではわずか1試合のみの出場にとどまっており、ブンデスリーガデビューはブレーメン戦での後半89分から。同選手は「フライブルクでは成長のために多くを吸収することができた」と述べ、「感謝しているし、これからキールで新たなチャプターが待っている。クラブがもつ哲学を共にし、成功に向けて戦って行きたい」と意気込みをみせた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報