ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年04月16日

フライブルクのアブラシ「マインツ戦よりブレーメン戦はよかったけど」

SC Freiburg
SCフライブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 確かに週末に行われたヴェルダー・ブレーメン戦では敗戦を喫して、残留争いを演じるシーズンの終盤で2連敗を喫してしまったSCフライブルク。だが入れ替え戦となるVfBシュトゥットガルトも敗戦を喫したことで、残り5試合となってもなお勝ち点差は11。さらにこの試合に関しては、マインツ戦では0−5と大敗を喫したのに比べ、欧州を狙うブレーメンを相手に「確かに前よりも良い戦いをみせていた」と、アミール・アブラシはコメント。

 「でもそれでも僕たちは、最終的に2失点を許してしまった。あれはやってはいけないことだ。僕たちとしては、試合が終わるまできっちりと守りに抜かないと」と反省の弁を述べている。「でもチームに対しては批判はできないけどね。最後まで諦めなかったし。ただチャンスでもっとうまくカウターをできていれば、もっと良い結果も手にできていただろうに。失点の入り方も残念なところがあったよ」

 そしてこれからは首位争いを展開するボルシア・ドルトムントをホームで迎え撃つことになる。「どの試合も山場さ」と語ったベテランMFは、「ドルトムント戦では、僕たちは力の限りを尽くして、素晴らしいパフォーマンスをもって対抗しないと」とコメント。そしてその後にフライブルクの選手たちを待っている戦いは、ライプツィヒとのアウェイ戦、デュッセルドルフとのホーム戦、ハノーファーとのアウェイ戦、ニュルンベルクのホーム戦となっている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報